着なくなったスーツの処分はどうする?下取り、売る、寄付、リメイクのどれがいい?

着なくなったスーツの処分はどうする?下取り、売る、寄付、リメイクのどれがいい?

着なくなったスーツの処分はどうする?下取り、売る、寄付、リメイクのどれがいい?

 

ビジネスマンにとって、スーツは仕事で毎日着る必要不可欠な衣類です。
しかし、一見同じように見えるスーツも、時代によってデザインに違いがあり、流行から外れてしまったスーツを着ていると、どうしても野暮ったく見えてしまいがちです。
また、太ったり痩せたりと、体型が変わってしまったことで今まで着ていたスーツが着られなくなってしまうということも少なくありません。
こうして着なくなったスーツは、処分してしまう必要がありますが、高い価格で購入し、まだそれほど傷んでいないものを捨ててしまうのに抵抗を感じてしまうという人は多くいます。
体型が同じような人や、デザインがそれほど古臭くないものであれば、人にあげてしまうということも出来ますが、それ以外にも店に売る、あるいは下取りに出すという活用方法もあります。
新しいスーツを購入するとき、古いスーツの下取りに対応している店であれば新しい物の購入資金に充てることが出来ますし、著名なブランドのものであれば古着として高値で売れる可能性もあります。
しかし、それほど品質が良いわけでもない、所謂安物のスーツなどでは売りにだしたとしても買取額にあまり期待できません。
そうした時には物々交換サイトや寄付を受け付けているサイトを利用して、必要としている人に再利用してもらうというのも良いでしょう。
また、手芸や裁縫に自信がある人などはリメイクして新しい服や小物を作るという選択肢もあります。